【馬レバ刺しってまずいの?】禁止された牛レバ刺しに負けないおいしさ!生臭くなく低カロリー、こりこり食感でオススメ!

スポンサーリンク
馬レバ刺し グルメ

また昔に戻って牛のレバ刺し食べたいなぁ~

そう懐かしむ方は私だけではないですね。


実は、牛レバ刺しに変わるレバ刺しがあるのをご存じでしょうか?

それは馬レバ刺しです。

えっ?馬肉のレバーって生で食べられるの?
どんな味なの?

結論は、牛レバ刺しに負けないくらい美味しく、お酒のお供になります!

どんなに美味しいのか気になる方の為の記事です。

短い記事なのですぐ読めます。参考にしてください。

レバ刺し

【馬レバ刺しの味わいと食感】

では、昔のなじみだった牛レバ刺しと比べて、馬レバ刺しはどう違うのでしょうか。

馬レバ刺しの味わい

馬レバ刺しは、牛レバ刺しと違う独特の味わいを持っています。

おもに以下のような特徴があります。

  1. 濃厚な肉の風味: 馬レバ刺しは、馬肉特有の濃厚な風味があります。この風味は、牛や豚とは異なり、独自の香りと深い味わいを楽しむことができます。
  2. 柔らかさと食感: 馬レバは非常になめらかな舌触りでいて、噛むとコリコリした食感を持っています。これにより、食べるときに優雅な食感を楽しむことができます。
  3. 深い旨味: 馬レバ刺しは、肉の旨味が豊かで、軽く塩を振っただけでもその美味しさが引き立ちます。シンプルな調理法でも存分に味わえます。
  4. ミネラル感: 馬肉には豊富なミネラルが含まれており、それが特有の風味と味わいに貢献しています。食べることで栄養価も得られます。
  5. 食べ方のバリエーション: 馬レバ刺しは生で食べることができるため、新鮮な状態で提供されることが多いです。
    また、食べるときに使うタレは、牛レバ刺しと同じようにゴマ油にネギや塩を入れる塩ダレにんにくのスライスか、すりニンニクを入れたニンニク醤油が相性抜群です。

馬レバ刺しの食感

馬レバ刺しの食感は、プリっとした舌触りで噛むとコリコリなのが特徴です。

歯ごたえを楽しむなら、レバーを少し厚めに切って食べると良いです。

【馬レバ刺しはヘルシー】

馬レバーの特長は牛レバーに比べ低カロリーなところです。

なぜ馬肉が健康的なお肉であるのか?

詳しく書いた記事があります。
ご参考まで



【まとめ】

馬レバ刺しの味わいや食感には、賛否両論がありますが、その独特の風味やこりこりした食感が好きな人も多くいます。

馬肉特有の香りや生臭さが苦手な人は、調理方法や食べ方を工夫することで食べやすくなるかもしれません。

牛レバ刺しが禁止された今、食べ比べることができませんが、居酒屋でおなじみだった牛レバ刺しのなつかしさを馬レバ刺しで楽しむことはできます。

通販で購入して自宅で召し上がれますので、この機会にぜひお酒のお供として召し上がってください。

タイトルとURLをコピーしました